seagate(シーゲイト)HDD、Barracuda7200.11 のデータ復旧

seagate(シーゲイト)HDDの不具合
突然、電源投入時、PCからのアクセスが不能になり、その後もアクセスできなくなる。購入後500時間以内でも発生。
パソコン内臓の場合:insert system diskの表示、BIOSで認識されない。
外付けHDDの場合:電源を入れてモータ回転後、ヘッドが一度動き、そのままでいつまで経っても認識されない。
一部の機種のST31000333AS、ST31000340NS、他は、ヘッドが動き、回転変動(キューン、カツン、キューン、カツン音)の連続(2秒周期)の場合もあり。
認識されませんので、データにアクセス出来なくなります。

Seagate(シーゲイト)Barracuda 7200.11 ファームウェアの不具合の詳細
不良ログを記録するエリアを320個持っていて、不良セクタ、書き込みエラー、スピンアップエラー等のエラーログをカウントし0→320→0→320と書き込んでいるが、カウントが320の状態であった場合、次回電源を入れた場合に認識しなくなるファームウェア バグから起きる(Seagate正規発表)、 100台位扱ってみて、依頼HDDを診断すると全てが、アクセスタイムエラー、または不良セクタがある状態、エラーログに常に書き込まれており(依頼HDDは診断し画像で結果を連絡致します。)、ファームウェアの不具合は、エラー回数を記録される=不具合が起きる確立が大きい、ファームウェアのロック発生となります。不具合が起きたHDDは再使用は、認識したとしても危険であり、他のHDDにデータを移し使用する必要があります。


Seagate(シーゲイト)社製ハードディスク
不具合対象となる製品は、Barracuda 7200.11、Barracuda ES.2 SATA、DiamondMax 22シリーズとなっています。

Barracuda 7200.11
ST31000340AS, ST31000640AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS, ST3640630AS, ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS, ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS
ファームウェア:AD14, SD15, SD16, SD17, SD18, SD19, SD81等  CC,LCで始まるものはファームウェアの不具合になりません。

Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

DiamondMax 22
STM31000340AS, STM31000640AS, STM3750330AS, STM3750630AS, STM3500320AS, STM3500620AS, STM3500820AS, STM31000334AS, STM3320614AS,STM3160813AS

Seagate(シーゲイト)Barracuda 7200.11の使用されている機器
IOデータ HDCN-U500 HDCN-U640 HDCN-U1.0 HDCN-U500/M HDCN-U1.0/M このシリーズは、SeagateかWD製が使用されている。
BAFFALO(バッファロー、メルコ)HDES500U2にはSeagate ST3500620ASが使われている事がある。
NECは2008年9月以降に出荷したVALUESTARシリーズの一部(3万6000台対象)。
富士通は2008年6月以降に出荷したFMV-DESKPOWERシリーズおよびFMV-TEOシリーズの一部(1万9000台対象)。
ソニーは2008年5月以降に出荷したVAIOシリーズの一部(国内7000台対象)。
エプソンダイレクトは2008年5月以降に出荷したEndeavorシリーズの一部。
HPはビジネスモデルの一部、DELLはデスクトップとワークステーションの一部。
CFDのSeagate(シーゲイト)Barracuda 7200.11シリーズのHDD品番と青箱、白箱の品番が同じ依頼品の復旧実績多数あり。
CFDメーカーは該当しないとの事ですが、自らCFDから購入証明あるHDDをデータ復旧した訳ではありませんので不明です。
他のメーカー製外付けHDD、他パソコンにも使用されている様子。
※Seagate(シーゲイト)Barracuda 7200.11の不具合は一部のシリアル番号や米国HDD向けのみとの公開もHPで見受けられますが、真偽は不明ですが
ファームウェアのバージョンがCC,LC以外は全て可能性があると思われます。


seagate(シーゲイト) HDD、Barracuda7200.11の不具合の対策 ファームウェアのアップデート方法

1.HDDが認識しているうちにバックアップを取る。
2.HDDが認識しているうちにSeagate社が配布しているファームウェアを入手し、ファームウェアのアップデートを行う。
※上記のファームウェアの不具合になってからはアップデートは不可能となります。

ファームウェアのアップデートは、失敗(HDDのファームウェア記録部分に障害があった場合、アップデート中に電源が切れた場合等)
すると二度と認識しなくなります。該当以外のHDDが付いている場合は外しておきます。
※他のHDDにバックアップ後行うことをお勧めします。

ファームウェアのアップデート方法 (Seagate社のサイトをお読みの上、自己責任において作業を行ってください。

CD-RかCD-RW(一時的に書き込んで使えます)が1枚、CD-R/RWを焼けるドライブ、ライテングソフトが必要です。

1.Seagate社サイトの下記から該当の品番を選び、次のページの下側の品番からISO imageをダウンロードする。

ST3500320AS、ST3500620AS、ST3500820AS、ST3640330AS、ST3640530AS、ST31000340AS

ST31500341AS、ST31000333AS、ST3640323AS、ST3640623AS、ST3320613AS、ST3320813AS、ST3160813AS

2.ライテングソフトでimageファイルを焼く
例:ST3500320ASの場合はMooseDT-SD1A-2D-8-16-32MB.iso
NERO
「コピーとバックアップ」で「イメージをディスクへ書き込む」
または、
『Nero』→『Nero OEM』→『Nero Express』にて Nero Express を起動
『ディスクイメージ又は既存のプロジェクト』にて ISO ファイルを選択

B's Recorder
ISOイ−メジファイルがあるフォルダをクリックして表示されたISOファィルを左下のウィンドウにドラッグ&ドロップし「ディスクアットワンス」とディスクを閉じる」にチェックを入れる。

他「ISO 書き込み」で、フリーライテングソフト等ありますので検索してみてください。

3.CDを作製したらBIOSでパソコンのブートをCD/DVDドライブにしCDを入れて電源を起動とDOSが起動します。
BIOSの起動方法 メーカーパソコン

4.英語の注意書きを読んだら「F10」キーを押す。

5.下記が表示されます。
A) Download Firmware to ST3500320AS xxxxxx-xxx (ファームウェアを更新する)。A,B,C,D品番表示された場合は該当のHDDを選ぶ。
S) Scan ATA devices (更新したいドライブを探す)
R) Read documentation and License Agreement (注意書きをもう一回読む)
Z) Done(止める)

「A」キーを押して更新を開始。(A,B,C,D品番表示された場合は該当のHDDを押す。)
1分位で書込が完了し、何かキーを押すと、電源が落ちて作業完了。

seagate(シーゲイト)HDDの ファームウェア 不具合により認識しなくなった場合のデータ復旧

当社のハードディスク復旧サービスなら、Seagate(シーゲイト)製の上記の症状のBIOS認識しないHDDを復旧することができます。
データ復旧のデータは必要なデータ量が30GB以上の場合にHDDに回収となります。30GB以内の場合DVD-Rも可能です。
必要なデータ量が2GBまで9,000円、2GB〜10GB:12,000円、10GB〜30GB:15,000円、30GB超え〜1TB:
20,000円(上記の機種に限り特別料金)です。
※別途、代金引換手数料込み送料が全国、サイズにかかわらず一津1,500円の代金引換のお支払いとなります。
※依頼HDDの起動セクタMBRを含むクローン復旧も同料金(WINDOWS正常起動可能は依頼HDDの状態のクローンになります。)
クローン復旧の場合、WINDOWSロゴ表示が出る事をお知らせしてお渡し、依頼HDDのWINDOSファイルに問題ない場合、起動HDDで使用出来ています。
)、
作業日数は届いた6時間〜36時間の翌日(特別な場合は除く)に復旧した全ファイルリストをパソコンメールにお送りし(受信可能な場合)ご確認上の発送となります。
Seagate(シーゲイト)のデータ復旧 はどうぞお気軽にお問合せください。

Seagate(シーゲイト)のデータ復旧の実績 (品番クリックで症状等を表示)
IOデータ HDCNシリーズ HDCN-U500に内臓されていた「ST3500820AS」37台、単体「ST3500320AS」172台、単体「ST31000340AS」52台、
IOデータ製単体「ST3500820AS」、単体「ST31000640AS」、単体「ST3500820AS」49台、単体「ST31000333AS」89台、単体「ST3500620AS」38台、単体「ST31000340NS」3台、単体「ST3250310NS」2台、単体「ST3500320NS」7台、「ST3750630AS」4台、「ST3750330AS」2台、「ST31500341AS」1台、「ST3640323AS」3台、「ST3640330AS」5台、「ST3640630AS」2台、「ST3640623AS」3台、「ST3320613AS」2台、「ST3320813AS」2台、「ST3160813AS」5台、「ST3750330NS」1台、「ST3250310NS」2台を当社復旧完了。

seagate(シーゲイト)製HDDのデータ復旧 ブログ概要 seagate(シーゲイト)製HDDのデータ復旧 ブログ

BUFFALO(バッファロー) NAS LinkStation(リンクステーション)  のデータ復旧  「フォーマットする必要があります」 表示のデータ復旧

ご依頼のお客様の声 貴重な感想ありがとうございます。  Seagate(シーゲイト)Barracuda 7200.11 データ復旧を含む2009年〜実績 
seagate(シーゲイト)のデータ復旧     データ復旧・データ取り出し依頼書   特定商取引法表記・データ取扱厳守表記

各ページのリンク、当社の評価は、許可は必要ございませんのでホームページやブログ等ご自由にお貼りまたはお書き下さい。
ご連絡頂ければ、こちらからもお礼のコメントを含めてリンク致します。

copyright(c)データ復旧・ パソコン修理・関根エンジニアリング All rights reserved.