データ復旧・パソコン修理の関根エンジニアリング

データ復旧 データ取り出し

CD-R/DVD-Rからのデータ復元方法  ご利用規約・免責事項  データ復旧依頼書印刷

パソコン修理・データ復旧 > データ復旧・データ取り出し


対象媒体:パソコン本体、取り出したHDD、外付けHDD、全てのCD/DVDメディア、MO、FD、PD、写真メデイア、フラッシュメモリ、他
フォーマット方式:WINDOWS、Linux、MAC(FAT/FAT32/HFS/HFS+)


復旧取出し料 お客様が必要なデータを指定して頂き、取り出したデータが2GBまで:9,000円、2GB〜10GB:12,000円、10GB〜30GB:15,000円
30GBを超え(例:1TBでも)上限価格 25,000円  
他社のデータ復旧会社の料金はHDDの容量で決まり当社の約4倍〜50倍です。
郵送の場合は、代金引換手数料込み送料がサイズや金額に関係なく別途全国一律:1,500円となります。

※160サイズや九州(送料:2,100円〜4,200円+代金引換手数料420円〜630円)であっても当社で負担します。

・完了は、到着日〜3日以内(特別な場合は除く)に土、日作業・営業中、取り出し作業は24時間完了するまで最短時間で復旧致します。
PCメールが受信可能な場合に、取り出した容量、フォルダ構成、ファイルリスト、開ける確認(JPG,XLS,DOC)
や復元テスト(outlook exprss,アドレス帳)状況をお知らせします。FAX、携帯メール、電話でも可能な方法でお知らせ。
確認頂いて、連絡頂いた後にお送り致します
。※確認時にデータが必要ない場合は、無料です。

・同時にHDD交換やリカバリがある場合は、DVD-Rに焼き(30GB以下に限る)、無料にて標準データ(標準とは下記に説明あり)を戻します。
※データを取り出す作業は有料です。取り出したデータを同じ場所に戻す事は無料です。
データ取り出しと修理完了のお届け時に、お客様で移行しなくとも、素早く使用可能です。
※ユーザー名が多数の場合は、他ユーザーの環境設定がありますので、HDDに他ユーザー分を入れておきますので、追加ユーザーにて戻し下さい。

※データ復旧に関し、復旧されたデータの開封は、復旧作業に行う、ファイル正常確認の目的のみであり、漏洩を防ぐ為、完了時に完全抹消致します。
個人情報保護法及びデータ取り扱い表記・プライバシーポリシー

※取り出す元HDDが何GB(例:250GB)でも、論理障害、軽度・中度・重度物理障害であっても作業内容に関係なく一律です。
理由:論理障害、軽度・中度・重度物理障害の判別は、データ復旧する会社のみがわかる事であり、HDDの専門技術面から明らかに
お客様に証明納得出来るべきものではないと考え、論理、軽度、中度、重度と症状によって変わる作業料金は、当社はふさわしくないと考えます。

※論理障害・軽度・中度物理障害→自社でデータ取り出し可能、成果報酬型、不可能の場合の診断料無料で送料着払いにて発送します。

回収したデータ30GB以内の場合はDVD-Rに焼いて、またはHDDに回収、30GB以上の場合はHDDに回収となります。
HDDの場合は、お客様で準備し送る、ネット通販(楽天、ヨドバシ、他)購入し送り先を当社に直送、または当社で準備(例:USB2.0 250GB:14,000円)
でも可能です。
データ取出しが可能となった時点に、お決めになられても、お送り頂いても結構です。


論理障害
ハードディスクのシステムなどシステムの損傷・ウィルス汚染・人為的に誤ったなどで ハードディスクが物理的には壊れてないが、
PCが立ち上がらないがデータが欲しいを指します。パーテーションの開放、フォーマット、パーテーション変更ソフトを実施での不具合等。

軽度物理障害
機械的障害で不良セクタ(読み書き出来ない記録部分がある)を示します。ドライブが見えない、フォーマットしてください、アクセス権なしと出る事もあり。
セーフモードでも、起動しない。

中度物理障害
回転はしてるが認識が困難な状態を示します。
ドライブが見えない、フォーマットしてくださいと出る事もあり。オペレーション システム ノット ファウンドと出る。
耳をすませば、カリカリカリカリと同じ周期で音がしている。多い症状です。データを取り出せております。

・重度物理障害
モータが原因での回転しない、読み取りヘッドの完全故障を示します。
(当社では制御基盤の故障も回転不能やお客様側で認識しない場合でもあらゆる手法で取り出しております)
他社診断重度物理障害見積り150,000円〜500,000円→
当社では15,000円にて復旧成功の実績も多々あります
他社で復旧不可結果の復旧不可能でも診断料発生15,000円
→当社で15,000円で復旧成功の実績もあります。(当社は不可の場合は無料)

データ復旧・取り出し時HDDの診断が出来ますので、障害ある場合→HDD交換/HDDが正常な場合→リカバリも出来ます。メーカーの半額以下です。

復旧・取り出しの可能性がある状態
・HDD→パーテーションやフォルダ構成破損、フォーマットした(物理フォーマットは除く)、ドライブが見えない、WINDOWS起動しない。
 フォーマットしてくださいと表示する。パソコンが機械的にHDD以外の故障で電源も入らない、画面が写らない、電源が落ちる、アクセス権が無いなど。
 重度物理障害での専門業者の分解修理後の金額は当社の桁違いなものです。お試し下さい。

・CD、DVD、MO、FD、写真用メディア→何もしてないが突然読めなくなった、プロパティで容量ゼロKBと表示、削除した、フォーマットした

※復旧前にリカバリをすると、データ部に上書きされてしまいます。デフラグ、チェックディスク、数回の通電は障害を悪化させる恐れがあります。
※物理障害でもHDDが認識している場合取り出せる可能性があります。通電の経過、時間の経過で状況は変わりますので、早めの作業が必要です。
※HDDが壊れてクラスタ破損部にあるファイルは取り出し不可ですので、破損してるファイル以外を取り出す事になります。

ハードディスクが故障での起動不能はHDD交換とデータ取り出しにて修理出来ます。
論理・軽度・中度物理障害料金に関して ※ネットでの調査価格→検索サイト等でお調べ下さい。
調査料(取り出し不能でも)は当社:無料、他社のほとんど:10,000前後取り出し料金:1/3〜1/50 当社9,000円〜25,000円 他社30,000円〜800,000円(中度物理障害)
ご依頼は、おおよその取出したいデータ容量と、どこを取るか、
取り出す先の指定:DVD-R,CD-R,外付けHDD(お客様準備、当社準備等)、OS修理済に復元、HDD交換済に復元のHDDになど指定下さい。
※メディアに焼く場合は、DVD-R(30GB以内の場合のみ)、CD-Rに回収は5GBまでとします。

標準の取り出す場所:マイドキュメント(マイピクチャー、マイミュージックを含む)、ディスクトップ、お気に入り、outlookexpessメール内容、アドレス帳となります。
標準外を指定する場合は、Cドライブのどこのフォルダと指定下さい。
ソフト名で指定されましても不明な場合がありますので、ソフト会社にお問合せの上指定下さい。例:会計ソフト、メール等

ご依頼の手順
1.メールフォームまたは電話、FAXで、状況、必要なおおよそのデータ量、回収のメディアを明記し問い合わせ下さい。→可能かどうかと見積りします。

2.復旧媒体とデータ復旧依頼書をお書きの上、または連絡出来る連絡、どこを取るかを書いたメモを同封下さい。メールで連絡でも結構です。

3.復旧作業をして、復旧出来た又は取り出せたデータ量、状況をお知らせしますので、御確認判断下さい。
※連絡は、到着日〜3日にパソコンメール、携帯メール、電話、FAXでも可。パソコンメールやFAXの場合は、取り出した画像をお送り出来ます。

4.作業完了時は媒体(HDD、メディア)、報告書を同封しお送り致します。発送時にヤマト運輸コレクト(代金引換)にて、伝票番号をお知らせします。
  代金引換料金は、修理代金+代金引換送料の合計となります。 ※代金引換送料1個口当り、2,000円となります。日、時間指定可能です。

5.商品配達時に、代金をお支払い下さい。
※作業不可の場合は、診断料無料の送料着払いにてお送り致し、復旧希望の場合は重度物理障害復旧会社に診断内容を伝え、紹介致します。

6.DVD-Rにデータを回収した場合は、標準のデータはこちらをご覧の上、復元いただけます。他の各種メーラー等の参考資料もあります。
HDD交換とデータ取り出しのご依頼の場合は、標準のデータはサービスで復元します。

こちらへの発送について
ヤマト運輸パソコン宅急便・梱包箱600円(ノート用、他)〜自宅に来て梱包し集荷があります。他ゆうぱっく佐川急便などで発払いにてお送り下さい。

重度物理障害→専門復旧会社に紹介依頼も可能(高価)

重度物理的なデータの損傷・破損は、熱・ヘッドの異常・回転不能などのハードディスク自身が重度の物理的に故障・破損してしまった場合を指します。
見分け方:電源ON時のハードディスク回転音がしない、異常音(ヘッドがストッパに当ってる大きなカッツン音)など。
これらの症状は当社で取り出せる可能性は50%位ですが、取り出し不可の場合に復旧会社にて取り出せる可能性は大です。


まず、依頼媒体は極力、再度読み込み、デフラグ、スキャンディスク、フォーマットを行わない状態で依頼下さい。
媒体に再インストールなどすると、データの記憶位置に上書きされれてしまいます。
状況により、全ての媒体やファイルが復旧出来るとは限りません。破損ファイル、問題あるファイル以外は救済出来る可能性は大きいです。

データ救済依頼手順
メールフォームか電話にて状況をお知らせ下さい。当社が出来るものに関しては当社から対応し、救済媒体受取方法、など説明致します。

当社で救済不可能な場合で復旧を必要な場合は、当社と紹介契約が紹介依頼している会社に、
当社からお名前、連絡先、状況を詳しく伝え連絡します。
お支払い、質問、サポート等は直接お聞き下さい。
そちらから連絡差し上げますので、状況、料金、納期の説明をお受け下さりOKであれば、指示に従い直接媒体をお送り下さい。
データ重要性と予算に応じて正式にご依頼下さい。 復旧作業は平均1〜2日位です。

上記社の内容
物理的に損傷したメディア、落としたメディア、火災や水害にあったメディア、内部的な機械的・電気的問題などの、より重大なデータ喪失に対して有効です。
専門技術者が各種状況のデータ喪失、各種OS、各種記憶媒体に対応しデータ復旧作業を行います。
現在、ご依頼の80%程度が物理的な障害ですが、当社はクリーンルーム、クリーンベンチを備えて、これらに対応いたしております。

下記のデータ救済率を成功されてます。

物理障害           80%
ソフト障害          94%
誤操作等人的原因     74%
ウイルス発症        60%
自然災害・火災        82%


読み込めない、消えた、回らないなどMO,FD,HDD,フラッシュメデアなどからデータを取り出します。起動しないパソコンからデータ取り出します。
Excel/ Word/ PowerpointMS Outlook/ Outlook Expressのメールファイルのデータファイルも可能です。



ハードディスクとは

何で壊れたの?ですが、
HDDの寿命は超精密なヘッドや高速モーターを使用していて、使用すればするほど衰えていき、ある程度の年数が経つと自然に故障します。
HDDの寿命についてはメーカーによってはおよそ平均3年間ほどとなっています。
2.5インチHDD      30万時間程度
ATA/S-ATA HDD   40万〜60万時間程度
熱、ホコリ、振動、HDDアクセスの使用状況で長い、短いは左右されます。
熱25℃が標準とすると、HDD故障確時間は、30℃:0.8 35℃:0.65 40℃:0.5 45℃:0.4 50℃:0.3 55℃:0.25 60℃:0.2を掛けた時間となります。
例:概算で40℃の場合のATAは、3年以内の故障確率は 18% となり、ノートの2.5インチHDDは、25〜36%になります。
温度が55℃になると、故障確率は倍になります。熱いパソコンは、壊れやすい事になります。

障害の症状
1位:何もせずに起こる、起動しない、セーフモードでの起動しない、オペレーションシステムノットファンド、ブルーバックで再起動、表示暗いまま等。
2位:デフラグ実施最中に停止、起動不能。HDDが壊れかけてる場合にデフラグすると、ファイルやフォルダ構成が破損します。
3位:パーテーション変更後起動不能。HDDが壊れかけてる場合にパーテーション変更すると、ドライブが消滅やファイル消滅します。
4位:パソコン、HDDを落とした、衝撃を与え的同不能。中度〜重度物理障害になり、読み取り部が壊れる事がほとんどです。
5位:ウィルスやスパイウエアに感染し起動不能。論理障害が多い、HDDが正常であれば、データ取り出してリカバリ後HDDは使えます。

※デフラグ、パーテーション変更の前にデータのバックアップは取りましょう。
※何もしなくても突然壊れる可能性がありますので、常に重要なデータはバックアップを取りましょう。
※フリーズ、再起動、遅い、エラー表示が出たら、まずバックアップを取りましょう。

当社にデータ復旧依頼品で、USB HDDやパソコン購入後1年以内に壊れて依頼が来るものもあります。
HDD=パソコンは壊れない物では無く、消耗品=壊れるものと考え、重要データは2箇所以上の媒体に定期的にバックアップが必要です。

また、データの保護機能の付いたもの、暗号化、パスワード設定の外付けHDDやフラッシュメモリーがあります。
これらの媒体は、いかなる世界中の復旧技術を用いても、記録部内容を解析不可能です。
バックアップが必要です。


どこが壊れるか?
HDDを分解してみました。

HDDのデータ復旧、データ取り出し ●ヘッドがコントーロール不能→コントーロール部の故障や、ヘッド移動の軸受け寿命、熱による板バネの変改で、カタカタ異常音で起動時や突然、ヘッドが暴れます。

●ベアリングが劣化。常時回転してる所ですので、回転が遅くなったり、回転不能になります。キーン音が大きくなります。

●記録部分は、数枚が数段に付いてます。
ゴミ、キズ(ヘッドの摩擦)、油膜などにより読み書き出来ない部分が不良となります。
これを、不良セクタがあると言います。


コントロール部、ベアリング部は熱の影響を受けやすいものです。
衝撃で、ヘッドが歪みキズが付くと読み取り不良になります。
読み書きしている時に電源が切れると、読み取りヘッドがディスクをこすってしまい壊れたり、寿命が短ります。
衝撃、湿気、磁気、熱に弱いデリケートなものなのです。
消耗部品の記録部分のベアリング、ヘッド移動部はいつかは回転落ちる、しないなどの寿命がいつか来ます。
キーン音が大きい、異常なカッタンカッタン音がする、時々起動しない、エラーが出る、アプリケーションの起動反応が遅い等が壊れる兆候です。

では、何が必要か?

パソコンは、直りますが、記録部キズなどで重度物理障害などで、データは復元出来なくなります。
重要なパソコン用途に使われてる場合は、定期的にHDD交換。
少しでも、異常音、突然再起動する、時々起動しないなどおかしいと感じた場合は、まずデータ救済を、次にHDD交換を
お勧めします。

HDDがいつ壊れても良いように2つ以上にバックアップを取っておく事です。例:パソコン内と外付けHDD
OS事CD/DVDにバックアップも可能です。→ご自分で難しい場合は、問い合わせ下さい。


当社の家電・電気修理、設計、管理の公的資格です。  
・第一種電気工事士:免許No福島県6845 ・高圧電気技術者:免許No072844 ・通産省認定カラーテレビ受信機修理技術試験:免許No65800

〒963-0723
福島県郡山市田村町桜ヶ丘2-38
関根エンジニアリング
Fax024-983-7020  eiichi@bb.mbn.or.jp
 メールフォーム

各ページのリンクや当社評価は、許可は必要ございませんのでホームページやブログ等ご自由にお貼りまたはお書き下さい。
ご連絡頂ければ、こちらからもお礼のコメントを含めてリンク致します。

パソコン修理TOP実績紹介-お客様実績紹介-機種Q&Aデータ復旧・取り出しパソコン修理ハードディスク交換料金表ご利用規約特定商取引法

copyright(c) データ復旧・パソコン修理・関根エンジニアリング All rights reserved.